寂しさのつづき

昨日感じた事を書いた。

 

1日経って自分の言葉が不十分だなと思った。

 

誰かといても寂しいというのは、誰にも心を開けないという意味ではなくて。

私が本当にわかってもらいたい人、わかってもらいたかった人には私の気持ちは届かない、と思っていた、という意味。

 

自分にかけてくれている愛情や、優しさは自覚できるのに、それじゃダメなんだ私が欲しいのはそれじゃないんだって子供の私がずっと拗ねていて。

でも大人の私は、「いや、ちゃんともらってるでしょ?わかってくれる人はちゃんといるでしょ?だからそんなこと言わないの!ね?」

って宥めている(というか説き伏せている)イメージだ。

 

そう、書いていて恥ずかしいけれど。

きっと私がわかってわかって!気付いて!って言っているのは母に対してで。

でもそれ以外の人からもらっているものはわかっていて。

でも違うんだ、私が本当に欲しいのはあなたからじゃないんだ、でもせっかくくれたんだからわがまま言っちゃいけないよねって1人で諦めて言い聞かせてる私(A)

 

本当の本音はこんなめんどくさい私を受け入れて。私のこんなわがままを許して。こっちを見て!ちゃんと私の欲しい形で返して!っていってる私(B)

 

まんま子供だ。笑

 

 

でもこんな子供の私(B)を大人の私(A)は必死でコントロールしようとしている。

 

 

だからわざわざ自分から拗ねて離れるそぶりをしたり、1人になりたいなら勝手になればいいのにわざわざ1人になりますと宣言してくるタイプの人を心の中では苦々しく思ってきた。

表面上はそんなこともあるよね、って物分かりのいいフリをしながら。

 

構ってちゃんなの?

めんどくさいよ。

そうやってこっちの様子を伺ってるんでしょ?

そうやったらこっちが面倒みてくれると思ってるんでしょ?

それをされた側が傷ついてないなんて思ってる?

まさか自分だけが傷ついてるとでも思ってるの?

いいかげん、その繊細なフリをやめてよ。

そうやって被害者ぶって、弱い人ぶって、相手を加害者にするのはやめてよ。

本当の加害者は、本当に傷つけてるのはお前だって自覚しろよ!!

面倒くさい。大っ嫌い!

なんでこっちばっかり大人にならなきゃいけないの?

割に合わない!ずるい!!

 

 

そう、これは外側に思っているようで、ずーっと大人(ぶってる子供の私)Aが子供のままの私Bに対して浴びせてる言葉。

だからそう思うことにも罪悪感を感じるんだ。

 

 

私の中に大人になりきれていない(でも大人のフリを頑張っている)私VSずっと子供でいたい、それを認めてくれること以外愛されているとカウントしないと叫んでいる私がいる。

 

だから誰といても、1人?分離しているんだろう。

ふと大人の私と子供の私が交互に顔を出すから。

 

で、パートナーには子供のほうの私を愛してもらいたい。

でも本当に本当の子供の私を愛してもらえるとしたら??

じゃあせっかく大人ぶってた私がかわいそうだ。割に合わない。

だから愛していらない。

 

そりゃ1人でいても、誰かといても疲れるよね。

だって私の中でずーっと小競り合いしてるんだもの。

 

もういいんじゃないかな。

どっちの私もしんどかったね。

それぞれの言いたいことはよくわかった。

だけど、どっちが正しいの?って外側に答えを求めるはもう要らないんじゃない??

 

 

こんなごちゃ混ぜの私を見守ってくれている人達がいることに、ちゃんと気づくときがきたんじゃないかしら。

 

 

 

 

寂しい

ここ最近本当はずっとしんどくて。

 

しんどい??というか余裕がなくて。

やたらとイライラしたりして。

 

なんでやろうなぁ。

ホルモンバランスかな?

疲れが溜まってるのかなぁ。

と思っていた。

 

 

つい先日、「使いきれないほどのお金と休みがいまあったら何がしたい?」という問いに私は「1人で誰もいないところにいって、専属のお手伝いさんだけを雇って好きなだけマッサージしてもらって、好きな時にご飯をたべて、好きなだけ眠りたい。誰にも繋がらない場所に行きたい」

と答えた。

 

自分でもなんか病んでるみたいやなと思った。

 

今日ある人にふとそんな話(なんだか最近余裕がなくてイライラする、誰とも一緒にいたくない、1人になりたい)って事を言っていた。

 

そうしたら

「寂しいんやな」

って言われた。

 

最初、え?って思った。

こんなに1人になりたいって思ってるのに?

私寂しいの??

 

でも、ずっと

私の本当の気持ちは誰にも気付かれない

だから気付かれてはいけない

って感情と共に生きてたことに気がついた。

 

私、寂しそうだねって言われたことはなくて。

逆に「いつも誰かがいていいよね」って言われてきた。

 

だから、本当は誰かといても寂しいと思ってることを誰にも言ってはいけないと思ってた。

だって言えば誰かを困らせるから。

私より寂しい人はいる。

だから私は寂しいなんて言っちゃいけないと思ってた。

 

でも私は寂しかったんやなぁ。

ずっとそのことに気付いて欲しかったんだなぁ。

 

誰かといても寂しいなんて1番悲しいから、だからそれならいっそのこと1人でいたほうが寂しくないと思ったのかな。

 

そうか、寂しいのか。

 

 

気がついたら泣いていた。

 

どうやら寂しかったみたいです、私。

 

パートナーシップを求めていたはずなのに、どんどん遠ざかる状況に追いやるのは、無意識にそんな状況を選ぶのはなんでなんだろうって思ってたけど。

 

そのくらい追い込まないと寂しいって気持ちを無視するからじゃない?って言われて撃沈。

 

 

仕事の話をしていたはずなのに。

おそろしや。

 

泣き止んで彼女と別れて慌てて新幹線に乗って帰ってきた。

新幹線の中で、ずっと音楽が流れているのにこれが耳に入ってきているのか頭の中に流れてるのかわからなくなった。

意識がいったりきたりして、寝てるんだか起きてるんだかわかんなかった。

 

起きたらめっちゃ首の後ろが痛かった。

 

ここ数日毎日アファメーションをしている。

 

私は自由です。

 

自由って寂しいかな、ふと思った。

 

私の思う自由って1人でいることをイメージしていたことに気付く。

 

誰かといても、私は自由。

自由だけどちゃんと繋がってる。

 

今日はそう呟きながら眠ろうと思う。

 

 

 

心も透けたらいいのに

今日は久々にお勉強。

やはり私の身体は正直だった。

 

ありがとうを伝えようとしてごめんなさいがでてくる。

ごめんなさい、なんて思っていたなんて。

ごめんなさいと言って欲しいのはむしろ私だと思っていたのに。

 

意識があるようなないような時間を思い出そうとするけど、何も思い出せない。

きっと無意識には何か届いてるかな。

 

 

身体は疲れてるけど、明日早起きする予定だけど、どうしてもネイルを変えたかった。

デザインが決まらなくて何度もやり直した。

結果なんだか1番最初に頭に浮かんだやつにした。

シースルーってなんかエロい。そこが良い。

 

 

明日は友達の応援。

ちょうどいい空模様だといいなぁ。

 

f:id:puikissk:20200216010725j:image

 

 

積み重ね

今日はさすがに疲れた。

たぶんずーっと気が張っていた。

 

お金に関わることって、何度も何度も確認する。

それはきっと前職で身についたこと。

 

前職の上司に言われた。

形のないものを扱うからこそ、間違いがなくて当たり前。

私たちはそうやって信頼を相手に売っているのだ、と。

 

前々職では私は販売をしていて。

そのときは分かりやすい「商品」があった。

手にとって実際に見えるもの。

言ってしまえば商品の出来の良し悪しは売っている私たちにはどうしようもない。

どうやったらより魅力的に見えるだろう、どうやってそれを売ろうかな、と思案することはあるけど。

 

でも、目に見えないものを扱う、そこに対してお金が発生する。

その場合はそれを仕上げる事で信頼を売っているのだ。

前職のとき入社してすぐに、言われたその上司の言葉は今も覚えている。

 

 

もちろん、人間だからミスはあるけれど。

信頼を積み重ねていけるように、頑張ろうと思う。

 

今日は自分なりに頑張った。

褒めてあげよっ。

ゆるくスタート

年が明けた。

 

2020年の始まりはのんびり過ごしている。

1日がゆっくり過ぎていく。

時間があるので自然と早寝早起きになる。

 

今年は自分の生活のリズムを大切にしようと思った。

 

繕いものがあったので、針と糸を所望したらでできたのがこれ。

懐かしい。

私の小学校のとき使ってた裁縫箱。

f:id:puikissk:20200102213617j:image

うちのタマ知りませんか。好きだったなぁ。

 

自作の針山

f:id:puikissk:20200102213324j:image

タキシードサム?サムなのか!?

 

何故か裁縫箱の中に入ってた臍の緒。

f:id:puikissk:20200102213446j:image

なんで裁縫箱の中に入れてるんや。謎。

 

 

今から母にネイルをしてあげる予定。

全く正月感はないけれど、こんな休日もいい。

 

 

皆さま今年もどうぞよろしくお願いします。

内も外も

2019年最終日。

私も少しだけ今年を振り返ってみた。

 

あっという間にすぎたけど、沢山の出来事があったなぁとしみじみ。

 

自分の中でびっくりしたのは、私は今年転職をして生活がだいぶ変わったのに、その事よりも内面の変化に目が向いたこと。

外側の変化はわかりやすいけれど、実は内側の変化の方が自分にとっては大きいことなのかもしれない。

でも、内側は見ようと意識しなければ気付かないことのほうが多いから。

来年はより、自分の内側に意識を向けたいと思う。

 

なんてことをいいながら、外側の変化も望むのよね。人間だもの。

 

f:id:puikissk:20191231172718j:image

図書館で借りてきた。

この年末年始で顔を鍛えて、2020年は目指せ美人!!

お味噌汁に愛をみる

今日から実家に帰省中。

特急電車は乗車率130%、久しぶりに2時間立ちっぱなしだった。

うちの実家は超田舎なので、そこから更にバスで1時間揺られる。

約4時間の道のりだった。

 

実家と言っても、もともと父親の実家に引っ越したので私はここでは育っていない。

なので私にとってここはおばあちゃんの家。

この土地に親戚以外に知り合いはいない。

もちろん友達もいない。

年末年始は特にすることもなく誰に会うこともなくひたすらのんびりする予定。

 

 

家の前が海(漁港のほうの海)なので、昔からおばあちゃん家にくるといつも出てくるのは魚料理だった。肉もスーパー(遠い)に行けば売ってるけれど、ほとんど食卓に出てきたことはない。そのかわり、いつも新鮮な海鮮が並んでいた。

 

小学生のとき、何故かその時は父と2人で帰省したことがあった。

たぶん姉が受験とかだったのかな。

おばあちゃんが出してくれたのは白子が入ったお味噌汁だった。

私は白子を初めて食べたのか、とても美味しい!と喜んで食べた。

おばあちゃんはとても嬉しそうだった。

そしてそこから毎食朝昼晩と白子のお味噌汁が食卓にのぼった。

さすがに3日目にそろそろ飽きて、おばあちゃんにもう違う味が良いと言った。

おばあちゃんはそうかそうかって笑ってた。

 

大人になってから気付く。

おばあちゃんからの愛。

私が覚えているおばあちゃんはいつも何かご飯を作っていた。

きっと、それがおばあちゃんの愛情表現。

私はちゃんと受け取れていたかな。

受け取っていたことを、おばあちゃんに伝えられていたかな。

 

 

母が懐かしいやろと言って出してきたお味噌汁を飲んで、おばあちゃんを思う年末。

こういう時間を過ごすのもきっと幸せなのだと思う。

 

f:id:puikissk:20191230001305j:image

映えないけど好き。